【お知らせ】※私も出品します。

 ◆311東日本大震災支援企画
  「写真家によるポストカード展」
  ~写真を送ろう、手紙を書こう、大好きなあなたへ~


  

  【出展写真家(予定)】(五十音順/敬称略)
    Tak S.Itomi石井真弓/上野法祥/宇佐見 健/内田和稔/岡 信一/
    小山田浩明/片岡和志/加藤 学/北原俊寛/小澤太一/K.Kosugi/
    清水哲朗/下村 悠/田中 博藤岡亜弥水本俊也桃井一至
    安田菜津紀柳瀬元樹/山口規子/山本雄一郎/ワタナベミナコ

  【期 間】2012年3月3日(土)~ 3月4日(日)
        11:00~19:00
  【場 所】SPACE K 代官山
        東京都渋谷区猿楽町25-1 エディ代官山201
        TEL 03-3456-3556


2012.2.29.(水)
■今日のトンボ写真はトラフトンボ。橙褐色と黒との虎斑模様からその名がついた。西南日本では普通に見られるが、この写真を撮影した島根県では近年減少傾向。早春から登場するトンボで、♂は池をパトロールしながら勢いよく飛び回っている。写真撮影はむずかしいのだが、ときどき空中でホバリングするので、その瞬間を狙った。

1

写真1:トラフトンボ(♂)
   OLYMPUS E-300
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter EC-14
   ※画角566mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   マニュアルモード F5.6 1/800秒
   ISO200 ホワイトバランス:オート
   手持ち撮影

   ※2005年5月、島根県で撮影

森岡書店で開催されている森 まきさんの写真展「IN MY NATURE」にうかがった。この写真展は3月3日(土)まで。その後、森さんは3月30日(金)からアップフィールドギャラリーで写真展「凛として迷子」を開催されます(^-^)。

2 3

■全国で開催中の
OLYMPUS OM-D体感フェア「Photo Festa 2012」。今週末は仙台広島で開催。今日は広島会場斎藤巧一郎さんのステージコンテンツの最終確認。是非、会場にお越し下さい(^-^)。

4

■写真5は
清水哲朗さんと小山浩司さん。このアニメのパターンは初めて。トンボ日記年間アニメ大賞を狙われているのだろうか(^^ゞ。

5

■写真6は
若子jetさん(左)とデジタルハリウッド大学大池康人さん。オリンパスギャラリー東京で開催されていた若子jetさんの写真展「キッチュ a GO!!GO!! 浪花♥編」は本日で無事終了。お疲れ様でした。大池さんは会った方々と、握手しながらOLYMPUS PEN E-P1で撮影されている。1000人分の写真を3月4~5日に開催される卒業制作展に出されるとのこと。O笠原さんと私も被写体として写っています。是非、ご来場下さい(^-^)。

6

オリンパスギャラリー東京では、明日から齋藤博美さんの写真展「足もとの大自然 マクロの世界」が始まります。是非、ご覧下さい(^-^)。

7

■夜は
72ギャラリーで始まった「和 [Wa] Photography Auction」のオープニングパーティに出席した(^-^)。

8 9

写真8:この写真展をプロデュースされた
南しずかさん。

写真9:挨拶される
テラウチマサトさん。

    
テラウチマサトさんの写真展「美しい風景」
    4月7日(土)から
富山県高岡市「ミュゼふくおかカメラ館」
    開催されます(^-^)。

10 11

写真10:左から、
葛西亜理沙さん、田中淳子さん、南しずかさん。

写真11:
日本カメラ副編集長・吉野千枝子さん(左)と
    
テラウチマサトさん。

12 13

写真12:
鈴木重美さん(左)と湯浅一弘さん。

写真13:左から、
小林 貴さん、HARUKIさん、湯浅一弘さん。

14 15

写真14:
高井哲朗さん(右)と東 謙次さん。

写真15:
鈴木重美さん(左)とアマナイメージズ・川嶋真理子さん。


2012.2.28.(火)
■今日のトンボ写真はオオシオカラトンボ。北海道南部から南西諸島にかけて広く分布。シオカラトンボより少し大柄で、オスは青みが強く、メスは鮮やかな黄色になることで識別できる。メスは単独で産卵し、腹部先端を水面に強く打ちつけて、岸辺の植物などに向けて水を飛ばす。このとき水滴と一緒に卵を飛ばしている。一瞬の出来事なので写真撮影は難しい。

1

写真1:オオシオカラトンボ(♀)
   OLYMPUS E-30
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   ※画角202mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   マニュアルモード F3.2 1/1600秒
   ISO400 ホワイトバランス:5300K
   手持ち撮影

   ※2009年8月、福岡県で撮影

■写真2は
鶴巻育子さん。鶴巻さんが手にされているのはフォトGaR Vol.3。P.98~101「旅するマトリョーシカ」で記事を掲載されています。鶴巻さんは6月に個展を開催予定。とても楽しみですね!(^-^)

2 ※ファンタジックフォーカス/アスペクト6:6

■写真3は
福田健太郎さん。先日、過去の郵便物を整理していたら、福田さんが2005年に富士フォトサロン(銀座の時代)で開催された写真展「泉の森~いのち宿る大地~」のDMも出てきた。写真4はそのときのもの。とても懐かしいですね(^-^)。

3 ※デイドリームII(効果:ソフトフォーカス)/アスペクト6:6

4

■全国で開催中の
OLYMPUS OM-D体感フェア「Photo Festa 2012」。今週末は仙台広島で開催。仙台会場には土屋勝義さんが登場。今日はステージのコンテンツの最終確認。是非、会場にお越し下さい(^-^)。

5 6

7 8

■本日より
新宿ニコンサロンニコンサロン連続企画展 Remembrance 3.11 和田直樹 写真展「惨禍-三陸沿岸部の定点記録-」が始まりました。写真展は3月5日(月)まで。是非、ご覧下さい。

9

写真9:
和田直樹さん。

10 11 12

写真10:左から、
公益社団法人日本写真家協会(JPS)・熊切圭介副会長
    
和田直樹さん、田沼武能会長

写真11:
木村惠一さんのご挨拶。

写真12:
Hや川さん(左)とNコン・G藤研究室長

13 14 15

写真13:左から、
村尾昌美さん、池上直哉さん、
    
足立 寛さん、小池良幸さん、松本徳彦さん。

写真14:
高嶋ちぐささん(左)とNコン・O畑さん。

写真15:左から、
天神木健一郎さん、私、Nコン・O畑さん。

16 17 18

写真16:
倉Fujiさん(左)と佐藤仁重さん。

写真17:
島田 聡さん(左)と天神木健一郎さん。

写真18:左から、
Nコン・So馬さん、瀬崎直俊さん、小野吉彦さん。

19 20 21

写真19:
Nコン・O畑さんのご挨拶。

写真20:左から、
池田進一さん、高井 潔さん、加藤雅昭さん、
    
芳賀日向さん、片桐寿憲さん、新宮武彦さん。

写真21:
熊切大輔さん。


2012.2.27.(月)
■今日の1枚もシオカラトンボ。オスは成熟すると白い粉を帯び「塩が付いている」ように見えることから「塩辛蜻蛉」という名がついた。メスは全体的に「麦わら」のような色をしていることから「ムギワラトンボ」と呼ばれることもある。オスの眼は水色をしており、「トンボのメガネは水色メガネ~」と童謡に唄われているのはシオカラトンボだろうか。

1

写真1:シオカラトンボ(上:♂、下:♀)
   OLYMPUS E-30
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   多分割測光 絞り優先オート F3.5(1/2000秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   手持ち撮影

   ※2009年9月、福岡県で撮影

オリンパスギャラリー東京で開催中の若子jetさんの写真展「キッチュ a GO!!GO!! 浪花♥編」は連日多くの方々で賑わっている。東京展はあと2日。まだご覧になっていない方、もう一度ご覧になりたい方は、是非、ご来場下さい(^-^)。

2

※ポップアートI(効果:ソフトフォーカス+ピンホール)


2012.2.26.(日)
311東日本大震災支援企画「写真家によるポストカード展」~写真を送ろう、手紙を書こう、大好きなあなたへ~の期間限定特設サイトが公開されました。私の作品はお馴染みの写真ですが、主旨を考慮してこの作品に決めました。是非、ご来場下さい(^-^)。

■今日のトンボ写真はシオカラトンボ。長年トンボ撮影をしているのだが、シオカラトンボやギンヤンマなどの普通種は意外に写真を撮っていないもの。
柏崎市立博物館の写真展に向けて、普通種の撮影が大きな課題だった。結局、この写真は写真展には使わなかったのだが、これまで撮影したシオカラトンボの写真の中ではベストショットと言える1枚だ。

1

写真1:シオカラトンボ(♂)
   OLYMPUS E-30
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   多分割測光 絞り優先オート F3.5(1/1250秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   手持ち撮影

   ※2009年9月、福岡県で撮影

■夜は
「PHOTO LOUNGE」Vol.2にうかがった。このイベントはPHOTOGRAPHERS SUMMITのスピンオフ版という位置付けで、ゆったり・まったりとしたムードが魅力。今日もとても楽しかった(^-^)。※出演者全員撮影しましたが、掲載許可をいただいた方のみ掲載します。

2 3 4

写真2:会場は渋谷・
SARAVAH東京

写真3:
矢島満夜さん(左)と佐藤悦子さん。

写真4:
サイキカツミさん(左)と鈴木達哉さん。

5 6 7

写真5:
KEN3TVさん(左)とsanagiさん。

写真6:19時過ぎに開演。司会は
水谷 充さん(笑)と山田敦士さん。

写真7:
日本写真学院の説明をされる水谷 充さん。

    水谷さんのブログに本日の模様が掲載されています。

8 9 10

写真8:
sanagiさん。

写真9:
KEN3TVさん。

写真10:記録撮影は
本手保行さん。

11 12 13

写真11:左から、
中村友美さん、井上幸子さん、
    
松永佳子さん、藤森史乃さん。

写真12:
井出眞諭さん(左)と小林正憲さん。

写真13:後列左から、
鈴木達哉さん、一花義広さん、
    
大原明海さん、小池みどりさん、私、中村敬子さん。

    前列左から、
みなみさん、熊谷知之さん、Tムロン・C代田さん。

14 15 16

写真14:
インベカヲリ★さん。

写真15:
井出眞諭さん。

写真16:
小池みどりさん。

17 18 19

写真17:
松永佳子さん。

写真18:松永さんの作品…この被写体は…私の会社の同僚です(笑)。

写真19:
3月11日(日)から、nagune
    写真展
「broken hallelujah」を開催される大原明海さん。

20 21

写真20:
SHUTTER magazine Vol.4は3月31日に発売されます。

写真21:
「PHOTO LOUNGE」Vol.3は4月に開催。楽しみですね!(^-^)


2012.2.25.(土)
■先月からPHOTOGRAPHERS SUMMIT 9で上映したトンボ写真を掲載しているのだが、昨日までの写真は柏崎市立博物館の写真展に出品したもの。今日の写真から、写真展に出していないものも掲載します。写真1はコシアキトンボ。昨日の写真はメスの産卵の警護のためホバリングしているオス。今日の写真はパトロールしている途中にホバリングしているところを撮影した。ホバリングといっても数秒の出来事。マニュアルでピントを合わせて「いざ!」と思ってシャッターを切ると、すでに移動してしまってトンボの姿が写っていない。このときはオートフォーカスで撮影してみたところ、白と黒というハッキリしたコントラストだったためか、問題なく撮影できた。淡い色のトンボだとなかなか合わないかもしれないが、コシアキトンボはオートフォーカスでホバリングが撮れることを確信した1枚だ。といっても、トンボの動きについていって、トンボを画面内に入れることが難しいのですが…(^o^;。

1

写真1:コシアキトンボ(♂)
   OLYMPUS E-30
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   マニュアルモード F6.3 1/250秒
   ISO400 ホワイトバランス:5300K
   エレクトロニックフラッシュFL-50R
   手持ち撮影

   ※2009年7月、東京都で撮影

■昨日に続いて本の紹介。今日紹介するのは
「ShINC.Magazine/」。写真2は創刊準備号(昨年11月発行)、写真3は創刊号の表1と表4。創刊号は昨日届いた。詳細はリンク先をご覧下さい。この本は事前に申し込んで購入するシステム。次号も忘れずに申し込まなければ…(^^ゞ。3月13日(火)からギャラリーコスモスで開催される「ShINC.MAGAZINE/創刊記念写真展」の参加者を募集中です(^-^)。

2

3


2012.2.24.(金)
■日記冒頭に掲載しているトンボ写真はPHOTOGRAPHERS SUMMIT 9で上映した写真を、ほぼ投影順で掲載しています。今日から後半の飛翔写真。コシアキトンボは、本州、四国、九州や離島に幅広く分布しており、八重山諸島でも見つかっている。市街地の公園などでも見られる普通種。腰の部分の白い斑紋に由来して「腰明き(腰空き)」という名前がついた。この写真は、メスが産卵しているときにホバリングして警護するオスを600mmの超望遠レンズでとらえたもの。1997年に開催した初個展「トンボたちの夏」(ギャラリーアートグラフ)のDMハガキに使用した思い出のカット。



写真1:コシアキトンボ(♂)
   MINOLTA α-707si
   AF アポテレ300mm F2.8G
   AF 2X TELE CONVERTER APO
   マニュアルモード F8.0 1/200秒
   プログラムフラッシュ5400HS
   ISO100(RDPII)

   ※1995年7月、埼玉県で撮影

■写真2は
小貝哲夫さん。小貝さんが手にされているのは、4月に開催される写真展「gaiko world-そこでしか撮れない写真-」のDMハガキ。写真展の詳細は、この日記の下にある写真展紹介コーナーをご覧下さい(^-^)。

2

※ポップアートI(効果:ソフトフォーカス)/アスペクト6:6

■写真3は
海野和男さんの「昆虫写真マニュアル」(1989年、東海大学出版会)。私が独学で昆虫写真を勉強していたときのバイブル。1985年に本格的なAF一眼レフが登場し、AFの等倍マクロレンズが各社からラインナップされた頃だったのだが、今と比べると、やはり昆虫撮影は難しかった。海野さんと初めてお会いしたのが1998年頃。この本を手にしたときは、まさかご本人とお話できるとは思わなかった。そして、本日、「デジタルカメラによる海野和男の昆虫撮影テクニック」(誠文堂新光社/税込1,680円)が発売された。掲載されている写真の中には、ご一緒させていただいたときの写真もあり、暑い夏の日のことを思い出した。今年の昆虫撮影シーズンまで、この本を読んでイメージトレーニングしたいと思います(^-^)。

3 4

柏崎市立博物館・佐藤俊男さんからメールをいただきました。

 清水哲朗さんにたいへんお世話になった
 新潟産業大学4年の田村 健くんの写真展が
 本日から26日まで、
 柏崎産業文化会館1階展示室で開催されています。

 大学4年間のキャンパスライフ写真展「KEN展」
 というタイトルです。
 在学中の写真作品の中から約30点を展示しました。
 大学仲間など、約100人が来場していました。
 大学でのサークルや行事、様々な活動写真など、
 見どころもたくさんありました。
 写真を送付いたします。

  5 6


2012.2.23.(木)
■今日のトンボ写真はコシブトトンボ。国内では奄美大島以南の沖縄諸島、南大東島、宮古諸島、八重山諸島に分布する。日本のトンボ科の中ではハッチョウトンボに次いで小さい。その名の通り、腰の部分が極端に太い体型をしている。平地の湿地や水田などに生息しており、小さい上に素早く動き回るので撮影に苦労する。鮮やかなブルーの眼が印象的。

1

写真1:コシブトトンボ(♂)
   OLYMPUS PEN E-P2
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   Four Thirds Adapter MMF-1
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   多分割測光 絞り優先オート F5.6(+0.3補正、1/125秒)
   ISO400 ホワイトバランス:5300K
   手持ち撮影

   ※2010年6月、沖縄県沖縄本島で撮影

オリンパスギャラリー東京では、本日から若子jetさんの写真展「キッチュ a GO!!GO!! 浪花♥編」が始まった。夜はオープニングパーティに出席(^-^)。宴会の幹事は面倒なので誰もやりたがらないのだが、ここ数年、若子jetさんが写真家&写真業界関係者を集めて「jet会」を開催されている。今日も「オープニングパーティ(jet会)」というご案内をいただいた。いつもは幹事という“黒子”を買ってくれている若子jetさんだが、今日は“主役”。今日、これだけの方々がお祝いにかけつけたのは若子jetさんの人望だと思う。若子jetさん、おめでとうございます。1週間、楽しんで下さいね!(^-^)

2

写真2:挨拶される
若子jetさん。
    左は、遅れてきたらいきなり「司会」に任命された
鹿野貴司さん(笑)。

    鹿野さんのブログに本日の模様が掲載されています。

3 4 5

写真3:
若子jetさん(左)と私。※撮影:三澤史明さん

    今日、私は代休。プライベートの用事から駆けつけたので私服でした。

写真4:
フォトグラファーズ・ラボラトリー・平林達也さん。

    平林さんの写真展
「焼津慕情」は、
    3月1日(木)から新宿ゴールデン街
「こどじ」で開催されます。
    写真展の詳細は、この日記の下にある写真展紹介コーナーをご覧下さい(^-^)。

写真5:
デジカメWatchの皆様と川口正志さん。

    左から、
関根慎一さん、折本幸治さん、
    
川口正志さん、武石 修さん。

6 7 8

写真6:今日の(今日も?)記録撮影は
三澤史明さん。

写真7:乾杯のご発声は
長岡造形大学・松本明彦さん。

写真8:
デジタルハリウッド大学・杉山知之学長

9 10 11

写真9:
山本弘之さん(左)と吉岡一紀さん。

    山本さんのブログに本日の模様が掲載されています。

写真10:左から、
桃井一至さん、カメラマン編集長・坂本直樹さん、
    
鶴巻育子さん、柳瀬元樹さん。

    坂本さんのブログに私も登場しています。

写真11:
鶴巻育子さん(左)とO笠原さん。

12 13 14

写真12:左から、
デジタルカメラマガジン編集長・川上義哉さん、
    
カメラマン編集長・坂本直樹さん、Tムロン・C代田さん。

写真13:左から、
鹿野貴司さん、鶴巻育子さん、一花義広さん、
    
柳瀬元樹さん、HARUKIさん、小林 貴さん。

写真14:
Cノン・Tり井さん(左)と山本弘之さん。

15 16 17

写真15:
Tムロン・Iち川さん(左)と藤井智弘さん。

写真16:
曽根原 昇さん(左)と川口正志さん。

写真17:
カメラマン編集長・坂本直樹さんのお祝いの言葉。

18 19 20

写真18:酒井梨恵さん。

写真19:
デジカメWatchの皆様とKンコーTキナー・T原さん。

    左から、
関根慎一さん、T原さん、
    
鈴木 誠さん、武石 修さん。

写真20:
河野和典さん(左)と倉持 博さん。

21 22 23

写真21:関西人メンバーによる
たこ焼きコーナー。

    左から、
桃井一至さん、種清 豊さん、川北茂貴さん、
    私、
小林 貴さん、Tムロン・Iち川さん。

    このあと私はマイクを向けられて、お祝いの言葉のあとに、

    
「今、関西人メンバーで
    
 たこ焼きを焼いています。
    
 おいしく出来上がると思いますので、
    
 是非、お召し上がり下さい」

    と言うと、
たこ焼きコーナーから悲壮な声が…。

写真22:出来上がった
たこ焼きがこれ。ぼろぼろやん!

    皆さん、
    
「オレじゃない!これは川北さんが作ったものです」と、
    川北さんに責任を押しつけていた。

写真23:左から、
柳瀬元樹さん、稲田康宏さん、柴田秀一郎さん。

24 25 26

写真24:
土屋勝義さん(左)とCAPA編集長・石田立雄さん。

    土屋さんのブログに本日の模様が掲載されています。

写真25:
CAPA編集部・鬼沢幸江さん。

    後ろは、
Tムロン・C代田さんと土屋勝義さん。

写真26:左から、
石川武志さん、柴田秀一郎さん、倉持 博さん。

27

写真27:今日は
オリンパスライブUSTREAM配信
    (「門司港レトロイルミネーションを撮る」講評会)が行われていたので、
    冒頭、
若子jetさんが写真展のPRをされていた。

    左から、
Yし野さん、若子jetさん、清水哲朗さん、Tか野さん。

28 29 30

写真28:
中村高史さん(左)とちくごっち

写真29:左から、
片桐寿憲さん、中川朋和さん、
    
吉岡一紀さん、Hや川さん。

写真30:左から、
デジタルハリウッド大学・杉山知之学長
    
CAPA編集長・石田立雄さん、
    
CAPA編集部・稲葉利二さん、
    
デジキャパ!編集部・田辺さん。

31 32 33

写真31:左から、
DNP・大道梨沙さん、
    
DNP・小山秀一さん、早見紀章さん。

写真32:左から、
デジタルカメラマガジン編集長・川上義哉さん、
    
CAPA編集長・石田立雄さん、
    
カメラマン編集長・坂本直樹さん。

写真33:
Cノン・加藤俊樹さん(左)と土屋勝義さん。

34 35 36

写真34:
デジタルハリウッド大学・上野義幸さん(左)と
    
種清 豊さん。

    「今度はうまく焼けたかな…」

写真35・36:「うまく焼けました~っ!」

37 38 39

写真37:
CAPA編集長・石田立雄さんのお祝いの言葉。

写真38:石田編集長の話も聞かず(?)、
たこ焼きに夢中な面々。

写真39:
テック・Na良さん(左)と加藤俊樹さん。

40 41 42

写真40:
フォトGaR編集長・吉村理子さんのお祝いの言葉。

写真41:
「jet、おめでとう!」土屋勝義さん。

写真42:
高井哲朗さん(左)と若子jetさん。

43 44 45

写真43:
コスモスインターナショナル代表取締役・新山洋一さん。

    
ギャラリーコスモスでは2月26日(日)まで、
    
ユージン・スミス鑑賞展「W.EUGENE SMITH」
    開催されています(^-^)。

写真44:
フォトGaR編集長・吉村理子さん(左)と同編集部・山潟るりさん。

写真45:
河野和典さん(左)と市井康延さん。

46 47 48

写真46:
萩原和幸さん。

    萩原さんのブログに本日の模様が掲載されています。

写真47:
Sグマくわりん(左)と橋本タカキさん。

写真48:中締めは
CAPA編集長・石田立雄さん。

49

写真49:二次会には多くの方々が参加した。

50 51 52

写真50・51:記録撮影や二次会幹事など、大活躍だった
三澤史明さん。

写真52:二次会から合流された
菅原香織さん。

53 54 55

写真53:
片桐寿憲さん。

写真54:お疲れなのは…(笑)。

写真55:左から、
片桐寿憲さん、酒井梨恵さん、若子jetさん、小林 貴さん。

56 57 58

写真56・57:挨拶される
若子jetさん。

写真58:中締めは
山本弘之さん。


2012.2.22.(水)
■今日のトンボ写真はベニトンボ。東南アジアなどの熱帯・亜熱帯地域に分布しているトンボだが、国内では九州と南西諸島の一部でも見つかり、現在では九州や四国でも見られる。オスは全身が紫がかった赤に覆われて羽根の翅脈も赤く、メスは鮮やかなオレンジ色をしている。オス・メスとも南国ムード満点のいでたちで、とてもフォトジェニックだ。

1

写真1:ベニトンボ(♂)
   OLYMPUS PEN Lite E-PL1
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   Four Thirds Adapter MMF-1
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   多分割測光 絞り優先オート F5.6(-1.3補正、1/800秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   手持ち撮影

   ※2010年6月、沖縄県沖縄本島で撮影

2

写真2:ベニトンボ(♀)
   OLYMPUS PEN Lite E-PL1
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   Four Thirds Adapter MMF-1
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   多分割測光 絞り優先オート F5.6(1/800秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   手持ち撮影

   ※2010年6月、沖縄県沖縄本島で撮影

■写真3は
福岡 拓さん(左)とうららさん。福岡さんは初アニメのはずなのだが、突然振ったのに見事なリアクションですね(^o^;。

3 ※デイドリームII(効果:ソフトフォーカス)

■写真4は
林 道子さん。林さんは昨年10~11月に上野のカフェで人形作家・佐野純子×写真家・林 道子 コラボ写真作品集「Lovegurumi(ラブぐるみ)」発売記念展示会を開催された。3~4月には新作を追加して、ハウスクエア横浜という住宅総合展示場で作品展を開催されるとのことです。楽しみですね(^-^)。

4 ※ファンタジックフォーカス/アスペクト6:6

■写真5は
土屋勝義さん。一昨日発売されたCAPA3月号には、土屋さんがOLYMPUS OM-Dで撮影されたフラガールの写真が掲載されています。また、OLYMPUS OM-D体感フェア「Photo Festa 2012」では、土屋さんは仙台会場に出演されます。是非、ご来場下さい(^-^)。

5 ※ポップアートI/アスペクト6:6

オリンパスギャラリー東京では、明日から若子jetさんの写真展「キッチュ a GO!!GO!! 浪花♥編」が始まります。今日は搬入日で、設営終了後に近くのカフェに行ってみたところ、残念ながらご本人は不在。応援に来られていた皆様で記念撮影(^-^)。

6

写真6:左から、
酒井梨恵さん、種清 豊さん、
    
長岡造形大学・松本明彦さん、
    
デジタルハリウッド大学・上野義幸さん、
    
土屋勝義さん、片桐寿憲さん。

種清さんの次回作は
「たねぺん」だとか…(^^;;。

■夜は
The Emerging Photography Artst 2012のレセプションに出席した(^-^)。

6 7

写真6:会場は南麻布の
INSTYLE PHOTOGRAPHY CENTER

写真7:会場ではなぜかプレスパスを渡された(^^;;。

8 9

写真8:
フォトグラファーズ・ラボラトリー・平林達也さん(左)と
    
Photo Gallery International・西丸雅之さん。

写真9:
大山葉子さん(左)とイワナミクミコさん。

    イワナミさんはガラス工場にお勤めで、
    一期一会のガラスの表情を捉えられています。

10 11

写真10:
小林信子さん。

    小林さんのロンドンの作品は、
    7点セットだと
10%OFF30万円です(フレーム別)。

写真11:
新居康子さん。

    2007年9~10月、
GALLERY 21
    新居さんの写真展
「閃光~Luminous~」が開催されたそうですが、
    残念ながら拝見できませんでした。
    そのときは花火、今回はクラゲを撮影されたものです。

12 13

写真12:
高畑 彩さん(中央)と早見紀章さんご夫妻。

    高畑さんは2月26日(日) まで開催されている
    
東京ミッドタウン・デザインハブ特別展
    
「my home town わたしのマチオモイ帖」
    参加されています。

写真13:
酒井成美さん。

    明日から
ポートレートギャラリーで開催される
    
「日本大学芸術学部写真学科 卒業制作選抜展」
    酒井さんも出品されています。

柏崎市立博物館・佐藤俊男さんからメールをいただいた(^-^)。

 先月24日、
 中矢澄子さんの写真集「家族(Family)」
 出版記念パーティが、
 新潟市の「Blue Cafe」で開催されました。
 そのときの様子を写真でお送りします。
 料理は、ほとんど中矢さんのお手製です。
 総勢約80名の楽しいパーティでした。


  14 15

  16

 記念写真は、
 左からJPS会員・渡部佳則さん、私、
 中矢澄子さん、SSP会員・桜井大士さん、
 桜井さんの社友、
 第1回木村伊兵衛写真賞受賞者・北井一夫さん、
 元新潟県写真家協会会長/JPS会員・上山益夫さん、
 冬青社社長・高橋国博さんです。

 ◆中矢澄子写真集「家族(Family)」

  

  【著 者】中矢澄子
  【出 版】冬青社
  【体 裁】65ページ/21×24cm
  【価 格】2,730円(税込)


ご興味ある方は、是非、お買い求め下さい(^-^)。

柏崎市立博物館のWEBページの「おもひで貯蔵庫」に第60回 特別展 トンボ日記「水辺の詩」~田中 博の世界~がアップされました。是非、ご覧下さい(^-^)。


2012.2.21.(火)
■今日のトンボ写真はオオハラビロトンボ。大分、宮崎、鹿児島の各県の太平洋側と沖縄本島、石垣島、西表島、南北大東島などに分布するが、産地は限られる。平地や丘陵地の池沼や湿地に生息。写真2のようにハラビロトンボのオスは青くなるが、本種は鮮やかな赤色になる。この日は雨が降っていたのだが、何頭かのオスが数メートル間隔で縄張りを張っていた。

1

写真1:オオハラビロトンボ(♂)
   OLYMPUS PEN Lite E-PL1
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   Four Thirds Adapter MMF-1
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   多分割測光 絞り優先オート F5.6(1/100秒)
   ISO400 ホワイトバランス:5300K
   三脚使用

   ※2010年6月、沖縄県沖縄本島で撮影

■こちらがハラビロトンボ。北海道、本州、四国、九州や離島に分布。平地や丘陵地の湿地に生息する。その名の通り、腹部が極端に太く偏平で、メスはその偏平さが顕著。未熟な頃はオス・メスともに黄色を基調とした色合いをしている。成熟するとオスは黒化したのち青白い粉を帯びるようになるが、メスはそのまま色が濃くなる程度。そのスタイルから、とても印象に残るトンボだ。

2

写真2:ハラビロトンボ(♂)
   OLYMPUS E-30
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   マニュアルモード F5.6 1/250秒
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   エレクトロニックフラッシュFL-50R
   手持ち撮影

   ※2009年6月、埼玉県で撮影

■写真3は
水本俊也さん。水本さんが企画されている311東日本大震災支援企画「写真家によるポストカード展」~写真を送ろう、手紙を書こう、大好きなあなたへ~に私も参加するのだが、「このメンバーの中では田中さんが最年長ですよ。先輩!宜しくお願いします!」と水本さん。え?…マジですか?( ̄□ ̄;)!! こういう企画では、いつも若手の部類なのだが、最年長というのは初めて。確かに、以前は「田中くん」と呼ばれることが多かったのだが、最近は「田中さん」と呼ばれることが多い気がする(^o^;。

3 ※ファンタジックフォーカス/アスペクト6:6

■写真4は
萩原史郎さん。萩原さんとは自宅が近いものの、お互い忙しくてなかなか会えないのだが、今日は夜、近所のカフェで少しだけ写真談義。萩原さんは2月24日(金)からフジフイルムスクエアで始まる【FUJIFILM SQUARE 企画展】写真展「花咲けニッポン!」サクラ・さくら・桜に出品されています。また、萩原さんはフォトパス山コミュの管理人をされており、現在、OLYMPUS OM-Dの話題で盛り上がっています。是非、ご参加下さい(^-^)。

4

※ポップアートI(効果:ソフトフォーカス+ピンホール)


2012.2.20.(月)
■今日のトンボ写真はオオアオイトトンボ。北海道、本州、四国、九州や離島に分布。水ぎわに木立のある池沼や湿地に生息する。秋の午後、活発に産卵活動を行う。池畔の水面に突き出た樹木の樹皮下に、オスとメスが連結して集団で卵を産みつける。この池に突き出している木は1本だけなので、この木に集中。10~20組のカップルが産卵に訪れていた。

1

写真1:オオアオイトトンボ(連結産卵)
   OLYMPUS PEN Lite E-PL1
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter EC-14
   Four Thirds Adapter MMF-1
   ※画角566mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   多分割測光 絞り優先オート F5.6(-1.0補正、1/200秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   三脚使用

   ※2010年11月、岐阜県で撮影

■写真2は、
O笠原さん(左)とCAPA編集長・石田立雄さん。本日発売のCAPA3月号には「驚きのニューモデル完全特報」としてOLYMPUS OM-Dが紹介されている。P.39~43清水哲朗さんの解説とニュージーランドの写真、P.44~45土屋勝義さんのフラガールの写真が掲載されています。是非、ご覧下さい(^-^)。

2 ※ファンタジックフォーカス

■写真3は
黒柳昌樹さん。本日発売の日本カメラ3月号P.192~193には「私の相棒レンズ」としてZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheyeを紹介されています。また、黒柳さんは、フォトパス虫コミュの管理人をされています。ご興味ある方は、是非、ご参加下さい(^-^)。

3

※ポップアートI(効果:ソフトフォーカス+ピンホール)/アスペクト6:6

■写真4は
柿沼 隆さん。柿沼さんのお仕事は動画が中心で、地域密着型インターネットTV「池袋テレビ」の撮影をされており、OLYMPUS OM-Dを導入されるかどうか悩まれているとのことだ(^-^)。

4 ※トイフォト/アスペクト6:6

ゴミゼロ倶楽部nagoyanさんからメールをいただきました。2月19日(土)、名古屋サンスカイルームで開催されたOLYMPUS OM-D体感フェア「Photo Festa 2012」に行かれたそうです(^-^)。

 当日は午前仕事だったのですが、
 特典欲しさに朝一番で入場したら、
 なんと30分以上前から並んでいる人がいました(^^;)。
 ほぼ開場直後なのに、OM-Dの体験コーナーは40分待ち。
 とりあえず作例とモックアップを見ていったん退場。

 仕事を終えてから、午後3時に再度入場。
 斎藤巧一郎さんの「写真のチカラ」
 始まるところでした。


 5

 それを見てから体感コーナーへ行くと
 5分程度の待ちでしたので、
 今度はゆっくりと体感することができました。

 じっくりと触って、
 あのレンズやこのレンズを試して動作を確認。
 データのお持ち帰りはできませんでしたが、
 内蔵EVFや5軸対応手ぶれ補正の効き具合、
 レスポンスの良さなどは確認できました。

 その後で、本日最後のトークライブ。
 小笠原さんと斎藤さんの二人して、
 OM-Dを水攻めにして苛めていました。


 6

 フォトフェスタ終了後は恒例のゴミゼロオフ会です。
 今回は近郊のメンバーがいろいろな用事が重なり、
 3名だけのミニオフとなりましたが、
 地鶏鍋を突きながら、大いに盛り上がりました。


 7 8

 写真8:
nagoyanさん(左)とユウヤさん。

     
nagoyanさんが手に持っているのは、
     シンガポールオリンパスのPEN用バッグだそうです。


2012.2.19.(日)
■今日のトンボ写真はアオイトトンボ。北海道、本州、四国、九州や離島に分布。平地や低山地の池沼だけでなく、山岳地帯の高層湿原にも生息する。秋になると連結したアオイトトンボが植物に群れて産卵するシーンを見かける。この日は雨。連結したカップルをとらえたのだが、よく見るとオス同士の連結だった。

1

写真1:アオイトトンボ(♂と♂の連結)
   OLYMPUS PEN Lite E-PL1
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   Four Thirds Adapter MMF-1
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   多分割測光 絞り優先オート F8.0(-1.0補正、1/50秒)
   ISO100 ホワイトバランス:5300K
   三脚使用

   ※2010年9月、新潟県で撮影

■関西から戻ってきた。
CP+2012の搬入のとき、寒かったのでコートを着て作業していたところ、何かにコートの肩のあたりを引っ掛けたらしく、カギ裂き状に破れていた。CP+後も忙しくて買い物に行けなかったのだが、ようやく今日、新幹線に乗る前に大阪のデパートに探しに行くことができた。売り場は春物がほとんどで、冬物のコートは処分品がわずかに残っている程度。いくつかの店舗を見て、ひとつだけ自分に合いそうな商品を見つけた。そこの販売員さん(60歳前くらい?)が何とも味わい深い人だった。私がそのコートを手に取ると、いつの間にか私の横に立っており、にこりともせず無表情で、私の耳元で小声でささやいた。

「カシミア100%でっせ」

試着して鏡の前に立つと、ぼそっと無表情で、

「お客さん、カッコええですわぁ」
「これ、6割引ですねん。お買い得でっせ」


購入後、着て帰ろうとすると、私の肩をさすりながら、

「ツヤツヤでっせ。ええ光沢出てまんなぁ」

と、販売員さん。他のデパートでは見ないタイプの方で、楽しい買い物になりました(^-^)。

2

写真2:大阪駅 ※トイフォトI


2012.2.18.(土)
■今日のトンボ写真はナニワトンボ。アカネ属(赤とんぼの仲間)なのだが、赤くならずに青くなる“青い赤とんぼ”。名前は最初に見つかった浪速にちなんでつけられた。本州と四国の限られた場所に分布し、絶滅が心配されている。昨年夏の柏崎市立博物館の写真展開催にあたり、10年前に愛媛県で見た“青い赤とんぼ”が忘れられず、2010年に愛媛の同じ場所に行った。全身が真っ青というのは何とも神秘的だ。

1

写真1:ナニワトンボ(♂)
   OLYMPUS PEN Lite E-PL1
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   Four Thirds Adapter MMF-1
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   マニュアルモード F5.6 1/320秒
   ISO100 ホワイトバランス:オート
   手持ち撮影

   ※2010年10月、愛媛県で撮影

■今日から大阪。東京はとても寒く、なんとなく「西へ行けば暖かいかも…」と思ってしまうのだが、全国的に寒かった(笑)。

2

写真2:滋賀県野洲市あたり ※ラフモノクロームI

3

写真3:大阪駅 ※ポップアートI

■昨年、
柏崎市立博物館の写真展が終わったとき、「2012年は少しのんびりしよう」と思っていたのだが、すでに決まっていた第4回ゴミゼロ倶楽部写真展/JPS会員によるプロフェッショナル52人の仕事に加えて、PHOTOGRAPHES SUMMIT 9311東日本大震災支援企画「写真家によるポストカード展」第5回フレア写真展&第10回夢のかけら写真展(館林)に参加させていただき、年明け早々、フル稼働状態。さらに、まだ先の話ですが、この日記の下にある写真展紹介コーナーにJPS7_2012“my life 2”を追加しました(^-^)。

柏崎市立博物館のWEBページの「おもひで貯蔵庫」に第60回 特別展 トンボ日記「水辺の詩」~田中 博の世界~がアップされました。是非、ご覧下さい(^-^)。


2012.2.17.(金)
■今日のトンボ写真はオオキトンボ。本州、四国(瀬戸内側)、九州(福岡県、大分県)に分布するが、産地はかなり限られており、絶滅が心配されている。全身が鮮やかな橙黄色をしており、羽根全体もオレンジ色で美しい。ところが、順光で撮るとくすんだ色に見えて、あまり美しくない。木陰の暗い部分を背景に選んで、逆光で撮影することにより、美しさを再現できた。

1

写真1:オオキトンボ(♂)
   OLYMPUS E-30
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   多分割測光 絞り優先オート F3.5(-2.0補正、1/320秒)
   ISO100 ホワイトバランス:5300K
   手持ち撮影

   ※2009年10月、大分県で撮影

■写真2は
YoshimuraAさん。Yoshimuraさんが手にされているのは、OM-4 Ti Black/24mmF2.8/40mmF2/90mmF2 Macro。こんな小さなペリカンケースに入れて保管されているそうです(^-^)。

2 ※ファンタジックフォーカス/アスペクト6:6

■昨日ご紹介した
311東日本大震災支援企画「写真家によるポストカード展」~写真を送ろう、手紙を書こう、大好きなあなたへ~(企画:水本俊也さん)の参加写真家が追加されました。トンボ日記に出たことのある方では、小澤太一さん、清水哲朗さん、下村 悠さん、水本俊也さん、桃井一至さん、安田菜津紀さん、柳瀬元樹さん、山口規子さんが参加される予定(なんと、“天敵”と初共演!)。私は未発表の写真にするかどうか悩んだのだが、“企画の主旨に合ったポストカードにふさわしい写真”という観点で考えてセレクトした。すでに何度か発表している“お馴染みの写真”ですが、是非、3月3日(土)・4日(日)SPACE K 代官山にお越し下さい(^-^)。


2012.2.16.(木)
■今日のトンボ写真はマユタテアカネ。北海道、本州、四国、九州や離島に広く分布する。顔面の2つ並んだ黒色が眉のように見えることからこの名がついた。オスは尻尾がやや弓なりに湾曲して、先端部が上部に反り返っている。スリムで真っ赤な成熟したオスはとてもフォトジェニックで、暑い日にはこのように逆立ちするような仕草を見せ、体操選手のような美しさがある。



写真:マユタテアカネ(♂)
   OLYMPUS E-30
   ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
   ※画角400mm相当で撮影(35mmフィルム換算)
   マニュアルモード F5.6 1/400秒
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   エレクトロニックフラッシュFL-50R 手持ち撮影

   ※2009年9月、東京都で撮影

■写真展紹介コーナーに掲載していますが、
311東日本大震災支援企画「写真家によるポストカード展」~写真を送ろう、手紙を書こう、大好きなあなたへ~に参加します(企画:水本俊也さん)。夜に原稿を書いたのだが、CP+2012終了後も寝不足が続いているため「翌朝、確認してから送ろう」と思って、翌朝見直したところ誤字脱字のオンパレード(^o^;。しっかり書き直して送りました。3月3日(土)・4日(日)の2日間ですが、是非、SPACE K 代官山にお越し下さい(^-^)。


2月15日以前の日記


【写真展/イベント紹介コーナー】

■現在開催中、および、近日中に開催される写真展/イベントです。ご案内をいただいたものだけ紹介しています。基本的に終了日の順に並べています。

■関東地域

 ◆「フォト×俳句 ~極楽のアート」展


  

  【期 間】2012年2月17日(金)~ 2月23日(木)
        10:00~19:00 ※最終日は16:00まで
  【場 所】富士フイルムフォトサロン東京 スペース2
        東京都港区赤坂9-7-3 フジフイルムスクエア
        TEL 03-6271-3351

 ◆「存在-そこにある場所-」若手写真家4人展
   鈴木達哉/澄毅/馬場智行/大矢真梨子

  

  【期 間】2012年1月29日(日)~ 2月25日(土)
        19:00~深夜
  【場 所】nagune
        東京都新宿区歌舞伎町1-1-5
        TEL 03-3209-8852

 ◆熊切圭介 写真展「池波 正太郎」

  

  【期 間】2012年2月15日(水)~ 2月25日(土)※月曜休廊
        11:00~18:30
        ※初日は13:00から/最終日は1:007まで
  【場 所】ギャラリー f分の1
        東京都千代田区神田駿河台1-5-6 コトー駿河台
        TEL 03-3293-8756

 ◆ユージン・スミス鑑賞展「W.EUGENE SMITH」

  

  【期 間】2012年2月21日(火)~ 2月26日(日)
        11:00~18:30
  【場 所】ギャラリーコスモス
        東京都目黒区下目黒3-1-22 谷本ビル3階
        TEL 03-3495-4218

 ◆DGSM Print「7人の写真家」展 Vol.1
  「銀塩とデジタルの融合」
  21世紀の新たな銀塩モノクロプリントの世界


  

  【期 間】2011年2月1日(水)~ 2月29日(水)※月・火曜休館
        12:00 ~ 18:00
  【場 所】ギャラリー E&M 西麻布
        東京都港区西麻布4-17-10
        TEL 03-3407-5075

 ◆小林義明 写真展「いのちの景色 タンチョウ物語」

  

  【期 間】2012年2月1日(水)~ 2月29日(水)※土・日・祝日休館
        10:00~18:00
  【場 所】PHOTO GALLERY UC
        東京都台東区上野1-15-10
        TEL 03-3834-7641

 ◆若子jet 写真展
  「キッチュ a GO!!GO!! 浪花♥編」


  

  【期 間】2012年2月23日(木)~ 2月29日(水) ※日曜・祝日休館
        10:00~18:00 ※最終日は15:00まで
  【場 所】オリンパスギャラリー東京
        東京都千代田区神田小川町1-3-1 NBF小川町ビル
        TEL 03-3292-1934

 ◆大山謙一郎ゼミナール写真展(7)
  「変貌する東京」


  

  【期 間】2012年2月24日(金)~ 3月1日(木)※日曜・祝日休館
        平日 9:00~19:00
        土曜 10:00~18:00
        ※最終日は15:00まで
  【場 所】コダックフォトギャラリー
        東京都中央区銀座1-3先 インズ3隣
        TEL 03-3563-1221

 ◆森まき 写真展「IN MY NATURE」

  

  【期 間】2012年2月27日(月)~ 3月3日(土)
        13:00~20:00
  【場 所】森岡書店
        東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル305号
        TEL 03-3249-3456

 ◆The Emerging Photography Artst 2012

  

  【期 間】2012年2月21日(火)~ 3月4日(日)※月曜休館
        13:00 ~ 18:00 
  【場 所】INSTYLE PHOTOGRAPHY CENTER
        東京都港区南麻布5-2-9 インスタイル南麻布ビルディングB1F

        ※東京メトロ日比谷線広尾駅下車徒歩7分
         広尾駅の3番出口から外苑西通りに出ます。
         西麻布方面(3番出口を出て右)に歩き、
         レストランCICADAのある交差点を右折して
         坂(北条坂)をしばらく上ります。
         ザ・ハウス南麻布の先のビルの地下1階です。

 ◆311東日本大震災支援企画
  「写真家によるポストカード展」
  ~写真を送ろう、手紙を書こう、大好きなあなたへ~


  

  【出展写真家(予定)】(五十音順/敬称略)
    Tak S.Itomi石井真弓/上野法祥/宇佐見 健/内田和稔/岡 信一/
    小山田浩明/片岡和志/加藤 学/北原俊寛/小澤太一/K.Kosugi/
    清水哲朗/下村 悠/田中 博藤岡亜弥水本俊也桃井一至
    安田菜津紀柳瀬元樹/山口規子/山本雄一郎/ワタナベミナコ
    
※私も出品します。

  【期 間】2012年3月3日(土)~ 3月4日(日)
        11:00~19:00
  【場 所】SPACE K 代官山
        東京都渋谷区猿楽町25-1 エディ代官山201
        TEL 03-3456-3556

 ◆ニコンサロン連続企画展 Remembrance 3.11
  和田直樹 写真展「惨禍-三陸沿岸部の定点記録-」


  

  【期 間】2012年2月28日(火)~ 3月5日(月)
        10:30 ~ 18:30 ※最終日は15:00まで
  【場 所】新宿ニコンサロン
        東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28F
        TEL 03-3344-0565

 ◆Drifting Images 日韓交流写真展

  
大串祥子さんが出品されています。

  

  【期 間】2012年2月24日(金)~ 3月10日(土)※日曜休廊
        15:00~20:00
  【場 所】Art Lab AKIBA(アート・ラボ・アキバ)
        東京都台東区浅草橋4-5-2
        片桐ビル1F(片桐運輸倉庫奥)

 ◆赤塚植物園花コミュ会 写真展「武蔵野の四季を紡ぐ」

  
ゴミゼロ倶楽部nama3さんが参加されています。

  

  【期 間】2012年3月6日(火)~ 3月11日(日)
        9:00~16:30
  【場 所】板橋区赤塚植物園 資料室
        東京都板橋区赤塚5-17-14
        TEL 03-3975-9127

 ◆川村容一 写真展「葛飾小菅、昭和のある町」

  

  【期 間】2012年2月29日(水)~ 3月12日(月)※火曜日休館
        10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
  【場 所】ペンタックスフォーラム ギャラリーI
        東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)
        ペンタックス スクエア内
        TEL 03-3348-2941

 ◆林 潤 写真展「野の詩」

  

  【期 間】2012年2月29日(水)~ 3月12日(月)※火曜日休館
        10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
  【場 所】ペンタックスフォーラム ギャラリーII
        東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)
        ペンタックス スクエア内
        TEL 03-3348-2941

 ◆【FUJIFILM SQUARE 企画展】写真展
  「花咲けニッポン!」サクラ・さくら・桜


  

  【期 間】2012年2月24日(金)~ 3月14日(水)
        10:00~19:00 ※最終日は16:00まで
  【場 所】フジフイルムスクエア
        東京都港区赤坂9-7-3
        TEL 03-6271-3350

 ◆平林達也 写真展「焼津慕情」

  

  【期 間】2012年3月1日(木)~ 3月15日(木)※日曜日休館
        19:00~24:00
  【場 所】酒場「こどじ」
        東京都新宿区歌舞伎町1-1-9
        新宿ゴールデン街(明るい花園1番街)
        TEL 03-3205-1373

 ◆写真展「生きる-東日本大震災から一年」
   主催:公益社団法人日本写真家協会(JPS)

  

  【期 間】2012年3月2日(金)~ 3月15日(木)
        10:00~18:00
        ※木・金曜日は20:00まで/最終日は14:00まで
  【場 所】富士フォトギャラリー新宿
        東京都新宿区1-10-3 太田紙興新宿ビル1F
        TEL 03-5368-2530

 ◆林田摂子 展「森をさがす」

  

  【期 間】2012年2月14日(火)~ 3月17日(土)※日曜・月曜休廊
        12:00~19:00
  【場 所】POETIC SCAPE
        東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
        TEL 03-6479-6927

  ※アーティストトーク

  【日 時】2012年2月18日(土)16:00~17:00
  【参加費】無料
  【定 員】20名(要予約)以下予約先へお名前と人数をお知らせ下さい。
        メール:front-desk@poetic-scape.com
        電話:03-6479-6927

 ◆ハービー・山口 写真展「HIKARI」

  

  【期 間】2011年12月16日(金)~ 2012年3月18日(日)※月曜日休館
        11:00~19:00
  【場 所】ライカ銀座店サロン
        東京都中央区銀座6-4-1
        TEL 03-6215-7070

 ◆「ShINC.MAGAZINE/」創刊記念写真展

  【期 間】2012年3月13日(火)~ 3月18日(日)
        11:00~18:00
  【場 所】ギャラリーコスモス
        東京都目黒区下目黒3-1-22 谷本ビル3階
        TEL 03-3495-4218

 ◆吉野 信 写真展「Spirit of Wildlife」

  

  【期 間】2012年2月10日(金)~ 3月19日(月) ※日曜・祝日休館
        10:00~17:30
  【場 所】キヤノンギャラリーS
        東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー1F
        TEL 03-6719-9021

 ◆第5回 フレア写真展 & 第10回 夢のかけら写真展

  
※私も出品します。

   ※Photo:おばさま

  【期 間】2012年3月23日(金)~ 3月25日(日)
        10:00~17:00 ※25日は16:00まで
  【場 所】館林市三の丸芸術ホール 第1展示室・第2展示室
        群馬県館林市城町1番2号
        TEL 0276-75-3030

 ◆金森玲奈 写真展「KI-SE-KI」

  

  【期 間】2012年3月16日(金)~ 3月28日(水)※木曜休廊
        12:00~20:00 ※最終日は17:00まで
  【場 所】新宿眼科画廊
        東京都新宿区新宿5-18-11
        TEL 03-5285-8822

 ◆齋藤博美 写真展「足もとの大自然 マクロの世界」

  

  【期 間】2012年3月1日(木)~ 3月7日(水)※日曜・祝日休館
        10:00~18:00 ※最終日は15:00まで
  【場 所】オリンパスギャラリー東京
        東京都千代田区神田小川町1-3-1 NBF小川町ビル
        TEL 03-3292-1934

  【期 間】2012年3月19日(月)~ 3月25日(日)
        10:00~20:00 ※最終日は15:00まで
  【場 所】サトーカメラ 宇都宮本店 2Fギャラリー
        栃木県宇都宮市陽東3-27-15
        TEL 028-613-6686

   ※ワークショップ:3月25日(日)13:00~(定員30名)

  【期 間】2012年3月29日(木)~ 4月4日(木)
        9:00~19:00 ※最終日は15:00まで
  【場 所】高崎シティギャラリー
        群馬県高崎市高松町35-1
        TEL 027-328-5050

   ※ワークショップ:4月1日(日)13:00~(定員20名)

 ◆小貝哲夫 写真展
  「gaiko world-そこでしか撮れない写真-」


  

  【期 間】2012年4月9日(月)~ 4月14日(土) ※日曜休館
        11:30~19:00 ※最終日は17:00まで
  【場 所】Gallery Cafe 赤坂 Jalona
        東京都港区赤坂2-6-22 デュオ・スカーラ赤坂II B-102
        TEL 03-3587-6810

 ◆鹿野貴司 写真展「感應の霊峰 七面山」

  【期 間】2012年5月22日(火)~ 5月31日(木)
        10:30~19:00 ※最終日は15:00まで
  【場 所】コニカミノルタプラザ ギャラリーB
        東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F
        TEL 03-3225-5001

 ◆公益社団法人日本写真家協会
  2007年同期会 写真展
  JPS7_2012“my life 2”


  
※私も出品します。

  【期 間】2012年9月6日(木)~ 9月12日(水)※日曜休館
        10:00~18:00 ※最終日は15:00まで
  【場 所】アイデムフォトギャラリー「シリウス」
        東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
        TEL 03-3350-1211


■関西地域

 ◆オリンパス水中写真教室作品展 ※指導:清水 淳さん

  

  【期 間】2012年2月9日(木)~ 2月22日(水)※日曜・祝日休館
        10:00~18:00 ※最終日は15:00まで
  【場 所】オリンパスプラザ大阪オープンフォトスペース
        大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル1F
        TEL 06-6535-7911

 ◆若子jet 写真展
  「キッチュ a GO!!GO!! 浪花♥編」


  

  【期 間】2012年3月8日(木)~ 3月21日(水)※日曜・祝日休館
        10:00~18:00 ※最終日は15:00まで
  【場 所】オリンパスギャラリー大阪
        大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル1F
        TEL 06-6535-7911

 ◆石井孝親 写真展「光と彩の季節」

  

  【期 間】2012年3月15日(木)~ 3月21日(水)※日曜・祝日休館
        10:00~18:00 ※最終日は15:00まで
  【場 所】キヤノンギャラリー梅田
        大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビルB1F
        TEL 06-4795-9942

 ◆前田義夫 写真展「都視景観」

  

  【期 間】2012年3月30日(金)~ 5月27日(日)
       ※月曜・木曜休館(祝日の場合は翌日)
        10:00~17:00 ※入館は16:30まで
  【場 所】喜多美術館
        奈良県桜井市金屋730番地
        TEL 0744-45-2849


■その他の地域

 ◆日本自然科学写真協会
  第32回SSP展「自然を楽しむ科学の眼2011-2012」


   
※私も出品しています。

  

  【期 間】2012年2月11日(土)~ 3月25日(日)※月曜休館
        9:30~16:30
  【場 所】岐阜県博物館
        岐阜県関市小屋名小洞1989(岐阜県百年公園内)
        TEL 0575-28-3111

  【期 間】2012年3月31日(土)~ 4月15日(日)※月曜休館
        9:00~17:00
  【場 所】広島市こども文化科学館
        広島県広島市中区基町5-83
        TEL 082-222-5346

  【期 間】2012年4月28日(土)~ 6月10日(日)※火曜休館
        9:00~17:00
  【場 所】宮崎県総合博物館
        宮崎県宮崎市神宮2丁目4番4号
        TEL 0985-24-2071




2月15日以前の日記