3月の日記


2021.4.15.(木)
■写真1は、4月11日(日)に近所(徒歩圏内)で、OLYMPUS OM-D E-M1XM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO で撮影したムラサキハナナ。写真2は撮影状況。手前の花や葉を前ボケとして活用。多めのプラス補正で、ファンタジックに表現しました(^-^)。

1

写真1:ムラサキハナナ
   OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
   ※画角300mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(+1.7補正、1/250秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

2

写真2:撮影状況。

■今日はショックな出来事が…。
「日本カメラ休刊のお知らせが発表されて、デジカメWatch「会社清算のため」という記事が掲載されました。

カメラ雑誌「日本カメラ」が休刊。会社清算のため

3

■今日は帰りが遅くなったので、
「私の『日本カメラ』の思い出」は週末に書きます。学生時代から数年間は月例フォトコンテストに毎月応募、直近では、日本カメラムック「オリンパス OM-D E-M5 MarkIII WORLD」P.72~77「知っておくと便利! E-M5 MarkIIIの設定・操作方法 AtoZ」を担当させていただきました。本当にお世話になったので、とても残念です。

4

オリンパスギャラリー東京で、安田菜津紀 写真展「照らす 生きた証を遺すこと」が始まりました。4月17日(土)18:30からオンライン作品解説が配信予定。写真展は4月26日(月)までです。※火曜・水曜休館

※写真撮影のときだけマスクをはずしていただきました。

5

写真5:
安田菜津紀さん(左)と佐藤 慧さん。

6

7

8

写真8:
菅原貴徳さん(左)と安田菜津紀さん。

9

写真9:
菅原貴徳さん(左)とKた岡さん。

10

写真10:
木村正博さん(左)と菅原貴徳さん。

オリンパスプラザ東京 クリエイティブウォールで、「プロ写真家によるOM-D E-M1X作品展」Part 3 が始まりました。出展者は、飯沼仁浩氏/市野哲也氏/上田進一氏/岡崎裕武氏/小川峻毅氏/刑部準也氏/兼本延男氏/佐藤健治氏/新開 孝氏/中条 望氏/廣澤順也氏/正木万博氏/三宅 岳氏/山田智一氏吉岡一紀氏(五十音順)。写真展は4月26日(月)までです。※火曜・水曜休館

11

【おうちで学ぼう オンライン写真講座】OLYMPUS COLLEGE ONLINE…今日は、4月23日(金)11:00公開予定の「写真を楽しむ」講座吉住志穂さんの「5月の花を撮ろう」の収録が行われました(^-^)。

12

13

写真13:
菅原貴徳さん(左)と安田菜津紀さん。

■オンラインイベント
「OLYMPUS LIVE 2021」は、本日まで「野鳥ウィーク」。写真14は桃井一至さん。桃井さんの動画が公開中です(^-^)。

14

OM-D E-M1X 鳥認識AF 徹底解剖
 写真家×開発者 クロストーク



菅原貴徳さんの以下の動画と記事も、是非、ご覧下さい(^-^)。

「鳥認識AFではじめる野鳥写真」菅原貴徳
 第1話「なんと鳥の顔を追っかけてくれる!!」



「鳥認識AFではじめる野鳥写真」菅原貴徳
 第2話「鳥認識AF×150-400mm 驚異の高性能!飛翔も!?」



OLYMPUS LIVE 2021「野鳥ウィーク」菅原貴徳先生おすすめ機材

4

■さらに、昨年公開された以下の動画をご紹介いたします(^-^)。

"OM-D鳥研"社員インタビュー
 「レンズ開発者に聞く!
  野鳥撮影にお勧めしたいM.ZUIKOレンズ」



■YouTubeチャンネル
「PASHA STYLE」に以下の動画が公開されました(^-^)。

4/15 今日は19:00〜 PASHA STYLE TV
 ゼウスクラブからライブ配信!
 コマフォト掲載作品を再現する!




2021.4.14.(水)
■昨年はステイホームの日々でしたので、遠出は一切せず、近所の植物の写真を撮っては名前を調べて勉強していました。昨年の緊急事態宣言発令中は自宅でしか写真を撮っていなくて、昨年4~5月の花の写真がありませんので、今年はそのブランクを埋める意味で撮っています。以前、花を中心に撮っていた頃はかなりの種類の花の名前を覚えていましたが、だいぶ忘れてしまっているので、図鑑を見ながら勉強しています。写真1・2はカワヂシャ。小川沿いにたくさん咲いていました(^-^)。

1

写真1:カワヂシャ
   OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIII
   M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
   ※画角372mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F5.9(-0.7補正、1/640秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

2

写真2:カワヂシャ
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
   ※画角120mmで撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(+0.3補正、1/1000秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

オリンパスギャラリー東京では、明日4月15日(木)から、安田菜津紀 写真展「照らす 生きた証を遺すこと」が始まります。4月17日(土)18:30からオンライン作品解説が配信予定。写真展は4月26日(月)までです。※火曜・水曜休館

3

安田菜津紀 写真展「照らす 生きた証を遺すこと」作品解説


オリンパスカメラFacebookに以下の動画が公開されています。写真をクリックすると動画をご覧いただけます(^-^)。

5

オリンパスプラザ東京 クリエイティブウォールでは、明日4月15日(木)から、「プロ写真家によるOM-D E-M1X作品展」Part 3 が始まります。出展者は、飯沼仁浩氏/市野哲也氏/上田進一氏/岡崎裕武氏/小川峻毅氏/刑部準也氏/兼本延男氏/佐藤健治氏/新開 孝氏/中条 望氏/廣澤順也氏/正木万博氏/三宅 岳氏/山田智一氏吉岡一紀氏(五十音順)。写真展は4月26日(月)までです。※火曜・水曜休館

6

■オンラインイベント
「OLYMPUS LIVE 2021」は、「野鳥ウィーク」開催中。今日は昨年公開された以下の動画をご紹介いたします(^-^)。

"OM-D鳥研"社員インタビュー「OM-Dで野鳥撮影を楽しもう!」


■本日放映された
「ヒルナンデス」(日本テレビ)の「ある世界で大成功一体何者?!」というコーナーに鈴木あやのさんが出演されました。「ある世界」で活躍する人物がどんな仕事を行っているのかを当てるというクイズ企画でしたので、事前に告知できず、事後報告になります。ご了承下さいm(__)m。

8


2021.4.13.(火)
■先週末は土曜日は公園の花、日曜日は野草を撮影。近場の昭和記念公園が再開したのでチューリップを撮りに行きたかったのですが、SNSに「もの凄い人。撮影は困難!」と書いている人がいたので断念。土日はいずれも近所(徒歩圏内)で撮影していました。写真1は、OLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO で撮影したハナミズキ。青空を背景に、瑞々しい花びらの白さが印象的でした(^-^)。

1

写真1:ハナミズキ
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO
   ※画角24mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F8.0(+1.7補正、1/320秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

■写真2・3も、
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO で撮影。このレンズの大きな特長は、ズーム全域最大撮影倍率0.5倍相当という近接性能。写真2は広角端、写真3は望遠端で撮影。いずれも最短撮影距離ではなく、もっと寄れます(^-^)。

2

写真2:
広角端で撮影
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO
   ※画角24mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F4.0(+1.0補正、1/800秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

3

写真3:
望遠端で撮影
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO
   ※画角90mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F4.0(+1.0補正、1/800秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

■私は
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO も愛用していますが、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO の方が圧倒的に使用頻度が高いです。理由は下の表の通り、広角でも望遠でもクローズアップ撮影ができるからです。

4

■ハナミズキのような大きめの花だとわかりづらいかもしれないので、シバザクラで比較してみました。
望遠側M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO の方が撮影倍率が高くてボケが大きいのですが、広角側M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO の方が小さな花を大きく撮れます。ワイドマクロ撮影を多用する私にとって最高のレンズです(^-^)。

5

写真5:
ED 12-45mm F4.0 PROの広角端の最短撮影距離で撮影
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO
   ※画角24mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F8.0(+0.3補正、1/400秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:Natural
   手持ち撮影

6

写真6:
ED 12-45mm F4.0 PROの望遠端の最短撮影距離で撮影
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO
   ※画角90mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F4.0(+0.3補正、1/1250秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:Natural
   手持ち撮影

7

写真7:
ED 12-40mm F2.8 PROの広角端の最短撮影距離で撮影
   OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
   ※画角24mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F5.6(+0.3補正、1/640秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:Natural
   手持ち撮影

8

写真8:
ED 12-40mm F2.8 PROの望遠端の最短撮影距離で撮影
   OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
   ※画角80mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(+0.3補正、1/3200秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:Natural
   手持ち撮影

「OLYMPUS LIVE 2021」は、「野鳥ウィーク」開催中。今日は【オリンパス公式】かんたんカメラマガジンの以下の記事をご紹介します!(^-^)

「コツを学んで、野鳥の写真撮影をもっと楽しく」

9

熊切大輔さんのYouTubeチャンネル「写真家 熊切大輔」に以下の動画が公開されています(^-^)。

「写真食堂」youtube支店 ゲスト土屋勝義 山口規子



2021.4.12.(月)
■今日は振替休日。近所(徒歩圏内)で2時間ほど野草を探しながら撮影しました。写真1・2はトキワハゼ。“絵”にするのが難しい花です(^^ゞ。

1

写真1:トキワハゼ
   OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIII
   M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
   ※画角400mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F8.0(-0.7補正、1/500秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

2

写真1:トキワハゼ
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
   ※画角120mmで撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(+0.7補正、1/1600秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   深度合成モード(フォーカスステップ5/ピントをずらして撮影した8枚を自動合成)
   手持ち撮影

3

写真3:モンキチョウ
   OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIII
   M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
   ※画角800mm相当で撮影(35mm判換算)
   マニュアルモード F6.3 1/3200秒
   ISO400 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   プロキャプチャーモード(ProCap H・60コマ/秒)
   手持ち撮影

■写真4は、
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS手持ち撮影したベニシジミ。プロキャプチャーモード(ProCapH・60コマ/秒)を使用しました。プロキャプチャーモードは、シャッターボタンを半押ししている間、データを蓄積していて、シャッターボタンを全押しした瞬間から過去に35コマさかのぼって記録される機能ProCapH・60コマ/秒の速度では、0.58秒前から35コマ撮ることができます(^-^)。

4

写真4:ベニシジミ
   OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIII
   M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
   ※画角800mm相当で撮影(35mm判換算)
   マニュアルモード F6.3 1/3200秒
   ISO400 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   プロキャプチャーモード(ProCap H・60コマ/秒)
   手持ち撮影

■自宅のブルーベリー(ティフブルー)の花が咲きました。ブルーベリーの花は初めて撮りました(^-^)。

5

写真1:ブルーベリー(ティフブルー)
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
   ※画角120mmで撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(1/125秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

■オンラインイベント
「OLYMPUS LIVE 2021」は、「野鳥ウィーク」開催中。今日は昨年公開された以下の動画をご紹介いたします(^-^)。

BIRDERxWILD BIRD 出展者クロストーク「OM-Dで撮る私たちの野鳥写真」


■上記写真展の作品は
「SPECIAL GALLERY」でご覧いただけます(^-^)。

「SPECIAL GALLERY」トップページ … 開ける度にいろいろな写真家の作品が表示されます。

7

TAフォト&サウンドオフィスのYouTubeチャンネルに以下の動画が公開されています(^-^)。

竹内敏信写真展「天地聲聞 春夏編」



2021.4.11.(日)
■今日の東京は終日快晴。近所(徒歩圏内)で2時間ほど撮影。写真1・2は、OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III で撮影した八重桜「関山」。写真1はM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.618mm相当、写真2はM.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO24mm相当で撮影。9-18mmはしばらく使っていなかったのですが、155gという超軽量レンズなので、最近は必ずカメラバッグに入れるようにしています(^-^)。

1

写真1:関山
   OLYMPUS OM-D E-M5 MarkIII
   M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
   ※画角18mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F5.6(+2.0補正、1/60秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

2

写真2:関山
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO
   ※画角24mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F5.6(+2.0補正、1/60秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

■花撮影に集中したいとき昆虫を追いかけないようにしているのですが、花を撮影しているときに近くにいれば撮ります。写真3は、
OLYMPUS OM-D E-M1XM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO で撮影したモンシロチョウ。このレンズ…“サンニッパ”(300mmF2.8相当)とは思えないくらい寄れるので、これくらいの大きさの昆虫なら、マクロレンズに交換しなくてもそのまま撮れます(^-^)。

3

写真3:モンシロチョウ
   OLYMPUS OM-D E-M1X
   M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
   ※画角300mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F4.0(-0.3補正、1/1000秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

■写真4は、
OLYMPUS OM-D E-M1XM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro で撮影したヤマトシジミ。15枚撮影して深度合成しました(カメラ内で自動合成)。15枚の場合は、ピントを合わせた写真と、ピントをずらしながら前5枚+後ろ9枚撮影します。写真5は合成前の15枚の中の1枚。深度合成した写真1は蝶全体にピントが合って見えるのがわかります。※深度合成モードで撮影された写真は、上下左右各7%ほど画角が狭くなります。下の写真5は比較をわかりやすくするために合成後の写真とほぼ同じ画角にトリミングしています。

4

写真4:ヤマトシジミ
   OLYMPUS OM-D E-M1X
   M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
   ※画角120mmで撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F4.0(-0.3補正、1/1250秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   深度合成モード(フォーカスステップ5/ピントをずらして撮影した15枚を自動合成)
   手持ち撮影

5

写真5:写真4で深度合成した15枚の中の1枚。

■ダイビングと海の総合サイト
「オーシャナ」に、清水 淳さんの以下の記事が公開されました(^-^)。

“ミスターオリンパス水中”清水淳の
 カメラ・ハウジングレビュー
 -E-M5MKIII&UH-EM5III-


6

■これまでの
“ミスターオリンパス水中”清水淳の水中カメラレビューの記事もご覧下さい(^-^)。


2021.4.10.(土)
■写真1は、4月3日(土)に近所(徒歩圏内)で、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO で撮影したムラサキハナナ。週末の2時間くらいで1週間分のトンボ日記用の写真を撮っているのですが、春は被写体が豊富なので困ることがないですね(^-^)。

1

写真1:ムラサキハナナ
   OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
   ※画角300mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(+0.3補正、1/3200秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

■写真2は
高山はるかさん(左)と川野恭子さん。オンラインイベント「OLYMPUS LIVE 2021」では、川野さんは清水哲朗「写真の<哲>学」に登場。4月16日(金)配信予定です(^-^)。

2

※写真撮影のときだけマスクをはずしていただきました。

3

オリンパスプラザ東京 クリエイティブウォール/クリエイティブビジョンでは、「Nature Colors」林 幸恵×吉住志穂 春の望遠・マクロ編が開催中。4月12日(月)までです(^-^)。※火曜・水曜休館

4

写真4:左から、
Ka嶋さん、Moりさん、吉住志穂さん、Ta田さん。

■以下の動画が公開されています(^-^)。

オリンパスプラザクリエイティブウォール写真展
 「Nature Colors」吉住志穂 作品解説動画



オリンパスプラザクリエイティブウォール写真展
 「Nature Colors」林 幸恵 作品解説動画




2021.4.9.(金)
■写真1・2は、4月4日(日)に近所(徒歩圏内)で、OLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO で撮影したハナニラ。このレンズの大きな特長は、ズーム全域最大撮影倍率0.5倍相当という近接性能。いずれも望遠端最短撮影距離で撮影しました(^-^)。

1

写真1:ハナニラ
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO
   ※画角90mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F4.0(1/320秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

2

写真2:ハナニラ
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO
   ※画角90mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F4.0(+0.3補正、1/160秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

■オンラインイベント
「OLYMPUS LIVE 2021」は、「野鳥ウィーク」開催中。本日、以下の動画が公開されました(^-^)。

清水哲朗「写真の<哲>学」× 中野耕志
 第1話「中野耕志さんはMr.PERFECT!」



清水哲朗「写真の<哲>学」× 中野耕志
 第2話「Mr.PERFECT OM-Dと出会う」



OM-D E-M1X 鳥認識AF 徹底解剖
 写真家×開発者 クロストーク



■先週公開された以下の動画も、是非、ご覧下さい(^-^)。

「鳥認識AFではじめる野鳥写真」菅原貴徳
 第1話「なんと鳥の顔を追っかけてくれる!!」



「鳥認識AFではじめる野鳥写真」菅原貴徳
 第2話「鳥認識AF×150-400mm 驚異の高性能!飛翔も!?」



【おうちで学ぼう オンライン写真講座】OLYMPUS COLLEGE ONLINEでは、本日、以下の「写真を楽しむ」講座5~7月公開分が発表になりました。「予約不要」です(^-^)。

【オンライン】ご予約不要「写真を楽しむ」講座
 4月~7月公開分のご案内


8

Jam Photo Galleryでは、鶴巻育子 写真展「夢」が開催中。会場では300部限定写真集「夢」が販売されています。写真展は4月11日(日)までです(^-^)。

9

10

コミュニケーションギャラリー ふげん社では、大西みつぐ 写真展「地形録東京・崖」が開催中。4月25日(日)までです(^-^)。※日曜・月曜・祝日休業

11


2021.4.8.(木)
■春になったらこれを書かないわけにいきません(笑)。写真1はシャガしゃがんで撮りました(^^ゞ。4月4日(日)に近所(徒歩圏内)で、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS、画角800mm相当で手持ち撮影しました(^-^)。

1

写真1:シャガ
   OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIII
   M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
   ※画角800mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F8.0(+0.7補正、1/160秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

■写真2は
赤い花びらをまとったシャガ………なわけないですね。写真3のような状況でした(^-^)。

2

写真1:シャガ
   OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIII
   M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
   ※画角800mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F8.0(+0.7補正、1/250秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

3

写真3:撮影状況

■オンラインイベント
「OLYMPUS LIVE 2021」は、「野鳥ウィーク」開催中。今日は昨年公開された以下の動画をご紹介いたします(^-^)。

水中伸浩『BIRDER×OLYMPUS写真展「WILD BIRD 2020」』作品解説


■上記写真展の作品は
「SPECIAL GALLERY」でご覧いただけます(^-^)。

「WILD BIRD 2020」水中伸浩

4

「SPECIAL GALLERY」トップページ … 開ける度にいろいろな写真家の作品が表示されます。

5

UP40GALLERY&SANISTAで、黒柳昌樹 写真展「刹那の情景」が始まりました。といっても、私は時間を間違えて11時に行ってしまったので、作品を拝見せずに帰りました。営業時間は13:00〜19:00ですのでご注意下さい。写真展は4月21日(水)までです(^-^)。

6

7

ZEN FOTO GALLERYでは、大西みつぐ 写真展「路上の温度計 1997-2004」が開催中。会場では、写真集「路上の温度計 1997-2004」(税込4,500円)が販売されています。写真展は4月17日(土)までです(^-^)。※日・月・祝祭日 休廊

8

デジカメWatch に以下の記事が掲載されています(^-^)。

安田菜津紀写真展:照らす 生きた証を遺すこと
 オリンパスギャラリー東京(4月15日~)
 YouTubeで作品解説を配信


9


2021.4.7.(水)
■写真1は、4月4日(日)に近所(徒歩圏内)で、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS で撮影したチューリップ。画角は522mm相当。以前は花撮影では超望遠レンズは必要ないと思っていましたが、花壇の中の少し遠くにある花も狙えるので、撮れる花の選択肢が広がります(^-^)。

1

写真1:チューリップ
   OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIII
   M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
   ※画角522mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F6.1(+0.7補正、1/125秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

2

写真2:撮影状況

■オンラインイベント
「OLYMPUS LIVE 2021」は、「野鳥ウィーク」開催中。今日は昨年公開された以下の動画をご紹介いたします(^-^)。

中村利和『BIRDER×OLYMPUS写真展「WILD BIRD 2020」』作品解説


■上記写真展の作品は
「SPECIAL GALLERY」でご覧いただけます(^-^)。

「WILD BIRD 2020」中村利和

4

「SPECIAL GALLERY」トップページ … 開ける度にいろいろな写真家の作品が表示されます。

5

デジカメWatch に以下の記事が掲載されています(^-^)。

「OM-D E-M1X」「OM-D E-M1 Mark III」の
 最新ファームウェアが公開
 M1搭載MacとUSB通信に対応
 ATOMOS製品との接続安定性向上


6

第1回「ふげん社写真賞」が作品募集中。
 グランプリに写真集出版と写真展開催の権利


7


2021.4.6.(火)
■写真1~4は、4月4日(日)に近所(徒歩圏内)で、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO で撮影した花びらが1枚欠けたチューリップ。すべて同じ花を撮影していますが、ちょっとしたカメラポジション・アングルの違いで、いろいろな表情の写真を撮ることができます(^-^)。

1

2

写真1・2:チューリップ
   OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
   ※画角300mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(+0.7補正、1/400秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

3

写真3:チューリップ
   OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
   ※画角300mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(+0.3補正、1/800秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

4

写真4:撮影状況

■写真5は、久しぶりにお会いした
佐藤大史さん。佐藤さんはオリンパスズイコークラブ長野支部講師を務められています。ここには初めて書きますが、私は現在、オリンパスズイコークラブを担当しており、オンラインでは佐藤さんと何度かやりとりしていたものの、リアルでお会いするのは約7ヶ月ぶり。少し先の話になりますが、支部の皆様とリアルでお会いできるのを楽しみにしています。ちなみに写真5は M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 で撮影。この立体感がたまらないですね(^-^)。

5

※写真撮影のときだけマスクをはずしていただきました。

佐藤大史さんのYouTubeチャンネル「Daishi Sato」に以下の動画が公開されています(^-^)。

佐藤大史写真展 Belong Live会場ツアー


「アラスカの光と色を本にする」三村漢&鈴木利行&佐藤大史


佐藤大史さんの動画や作品は、以下のページでご覧いただけます(^-^)。

True to nature FILMS #06
 「ALASKAを旅して撮る。」写真家 佐藤 大史



GoBeyond, ~超え続けろ~
 写真家篇ドキュメンタリー[WEB限定]



「GLOBAL PRO GALLERY」OM-D E-M1 MarkIII ギャラリー(佐藤大史さん)

10

「GLOBAL PRO GALLERY」トップページ … 開ける度にいろいろな写真家の作品が表示されます。

11

「星、生き物、水。OM-D E-M1 MarkIIIで撮る日本とアラスカ」

12

デジカメWatch オリンパスZUIKOレンズ 写真家インタビュー「被写体へのときめきを写しとめる…佐藤大史さん M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」

13

デジカメWatch オリンパスPROレンズ 写真家インタビュー「大自然に身を置くことで、自分の中の常識や概念が変化する…佐藤大史さん」

14

デジカメWatch PROGRESSIVE PRO LENS − 写真家がプロレンズを選ぶ理由「アラスカの大地で被写体と向き合い、悠久の時の流れを感じる…動物写真家・佐藤大史さんインタビュー」

15

■オンラインイベント
「OLYMPUS LIVE 2021」は、「野鳥ウィーク」開催中。今日は昨年公開された以下の動画をご紹介いたします(^-^)。

菅原貴徳『BIRDER×OLYMPUS写真展「WILD BIRD 2020」』作品解説


■上記写真展の作品は
「SPECIAL GALLERY」でご覧いただけます(^-^)。

「WILD BIRD 2020」菅原貴徳

16

「SPECIAL GALLERY」トップページ … 開ける度にいろいろな写真家の作品が表示されます。

17


2021.4.5.(月)
■写真1~3は、4月3日(土)に近所(徒歩圏内)で、OLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro で撮影したタンポポ。写真1・2は撮影倍率2倍相当で撮影。ここまでクローズアップできるのが、このレンズの魅力です。ちなみに、写真1は手前の綿毛、写真2は奥の綿毛にピントを合わせました(^-^)。

1

2

写真1・2:タンポポ
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
   ※画角120mmで撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(1/500秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

3

写真3:撮影状況。このタンポポの綿毛を撮影しました。

■通常、マクロレンズのピント位置をマニュアルで
最短撮影距離に動かすには、何度もフォーカスリングを回さなければなりませんが、M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro には フォーカスリミットスイッチ が付いていて、指標を「1:1」に合わせると、瞬時にピント位置が最短撮影距離に移動して最大撮影倍率2倍相当(35mm判換算)の撮影が可能です。私の場合、小さな被写体を撮るとき、ファインダーをのぞきながらフォーカスリングを回してピント合わせするのではなく、最初に撮りたいイメージの撮影倍率までレンズを繰り出してから被写体に近づいて、あとは微調整してピントを追い込みます。このフォーカスリミットスイッチは、近接(0.19m~0.4m)にセットすると1/2倍相当、遠景(0.4m~∞)にセットすると1/4倍相当(ともに35mm判換算)にピント位置が自動的に移動するという優れものです(^-^)。

4

■オンラインイベント
「OLYMPUS LIVE 2021」は、「野鳥ウィーク」開催中。今日は昨年公開された以下の動画をご紹介いたします(^-^)。

"OM-D鳥研"社員インタビュー
 「写真家 菅原貴徳に聞く野鳥撮影の心得」



オリンパスギャラリー東京では、佐々木貴範 写真展「希望-3.11釜石」が開催中。4月12日(月)までです(^-^)。※火曜・水曜休館

6

写真6:左から、私、
佐々木貴範さん、菊池哲男さん。
    
公益社団法人 日本写真家協会(JPS)2007年同期入会です。

7

写真7:左から、私、
佐々木貴範さん、菊池哲男さん、O笠原さん。
    
O笠原さんはラグビーで骨折されたとのこと…お大事にして下さいm(__)m。

    ※撮影:Ka嶋さん。
    ※写真撮影のときだけマスクをはずしました。

8

写真8:
佐々木貴範さん(左)と奥田倉之さん。

オリンパスプラザ東京 クリエイティブウォール/クリエイティブビジョンでは、「Nature Colors」林 幸恵×吉住志穂 春の望遠・マクロ編が開催中。4月12日(月)までです(^-^)。※火曜・水曜休館

9

10

ニコンプラザ東京 THE GALLERYでは、Nikon Plaza CP+2021 特別イベント「表現者の世界と繋がる二週間」が開催中。久しぶりに以下の方々にお会いできてラッキーでした。写真展は4月12日(月)までです(^-^)。※日曜休館

11

写真11:左から、
Webカメラマン坂本直樹さん、中野八一さん、
    
水穂まきさん、阿部秀之さん。

    ※写真撮影のときだけマスクをはずしていただきました。

阿部秀之さんは、4月3日(土)のイベントの後、以下のライブ配信に出演されています(^-^)。

【ニコンバカ一代】押忍!阿部師範との乱取り生配信
  / ニコンはとバス / NIKKOR Z 50mm f/1.2 S
  / 阿部秀之さん / 写真家 杉山雅彦



アイデムフォトギャラリー「シリウス」では、写真展「贅沢な床11」が開催中。数人の知人が出品されていますが、今日は山下洋一郎さんとお会いすることができました。写真展は4月7日(水)までです(^-^)。

13

富士フイルムイメージングプラザ東京 ギャラリーでは、X-E4写真展「Make More with Less」が開催中。出展写真家は、浅岡省一さん/藤里一郎さん/渡邉真弓さん(五十音順)。写真展は4月12日(月)までです(^-^)。※毎週火曜休館

14

■撮影禁止のため写真はありませんが、
富士フイルムイメージングプラザ東京 ミニギャラリーでは、XFP写真展「感じて 魅せる色 -XF Stories East-」が開催中。多くの知人が出品されています。こちらも4月12日(月)までです(^-^)。※毎週火曜休館


2021.4.4.(日)
■昨日の天気予報では、今日は雨の予報でしたが、午前中は晴れていたので近所(徒歩圏内)で1時間ほど撮影。写真1・2は、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO で撮影した桜(関山)。ほとんどの木の見ごろはこれからですが、この木だけたくさん開花していました。撮影中、ときどき強い風が吹いて、ソメイヨシノの花が盛大に散っていました。写真2の後ろのボケはソメイヨシノの花びらです(^-^)。

1

写真1:関山
   OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
   ※画角200mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(+0.7補正、1/1000秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

2

写真2:関山
   OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
   ※画角300mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(-0.7補正、1/1250秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

■ソメイヨシノの下にある花壇は散った花びらで埋め尽くされていました。写真3は
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.618mm相当、写真4はM.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO24mm相当で撮影。引きがない状態で広く撮りたいとき、この広角ズームレンズはとても便利です(^-^)。

3

写真3:パンジー
   OLYMPUS OM-D E-M5 MarkIII
   M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
   ※画角18mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F8.0(+0.7補正、1/100秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

4

写真4:パンジー
   OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO
   ※画角24mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F8.0(+0.7補正、1/80秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

■昨日から昆虫の姿をたくさん見るようになりました。花撮影に集中したいので、昆虫は追いかけないようにしていたのですが、帰り道にジャコウアゲハがたくさん飛んでいたので撮影しました。写真5は、
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS手持ち撮影プロキャプチャーモード(ProCapH・60コマ/秒)を使用しました。プロキャプチャーモードは、シャッターボタンを半押ししている間、データを蓄積していて、シャッターボタンを全押しした瞬間から過去に35コマさかのぼって記録される機能ProCapH・60コマ/秒の速度では、0.58秒前から35コマ撮ることができます(^-^)。

5

写真5:ジャコウアゲハ(♀)
   OLYMPUS OM-D E-M1X
   M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
   ※画角800mm相当で撮影(35mm判換算)
   マニュアルモード F6.3 1/3200秒
   ISO800 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   プロキャプチャーモード(ProCap H・60コマ/秒)
   手持ち撮影

CAPA CAMERA WEB に以下の記事が掲載されています(^-^)。

4月3日はフォーサーズの日!
 マイクロフォーサーズ公式サイトもリニューアル


6


2021.4.3.(土)
■一週間ぶりに近所(徒歩圏内)で1時間ほど撮影。ソメイヨシノはほぼ散ってしまって、(写真はありませんが)八重桜の関山が咲き始めていました。明日は雨の予報ですが、少しだけ撮影に行きたいと思います(^-^)。

1

写真1:ソメイヨシノ
   OLYMPUS OM-D E-M5 MarkIII
   M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
   ※画角18mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F8.0(1/320秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

2

写真2:大島桜
   OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIII
   M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
   ※画角800mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F6.3(+1.3補正、1/160秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

3

写真3:陽光(?)
   OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
   ※画角80mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F5.6(1/800秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

デジカメWatch に以下の記事が掲載されています(^-^)。

「フォーサーズの日」記念ライブ配信で、今後の新製品登場に言及
 OMデジタルソリューションズ/パナソニック担当者がコメント


4

赤城耕一さんの以下の動画が公開中です(^-^)。

赤城 耕一 - M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO (Japanese)



2021.4.2.(金)
■写真1は、3月26日(金)に近所(徒歩圏内)で、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO で撮影した桜。この写真はオーバー目に撮っているのでわからないですが、ピンクのグラデーションが美しい花でした。神代曙かなぁ…(^-^)。

1

写真1:桜
   OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
   ※画角300mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(+1.3補正、1/1600秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

■オンラインイベント
「OLYMPUS LIVE 2021」は、「野鳥ウィーク」開催中。本日、以下の動画が公開されました(^-^)。

「鳥認識AFではじめる野鳥写真」菅原貴徳
 第1話「なんと鳥の顔を追っかけてくれる!!」



「鳥認識AFではじめる野鳥写真」菅原貴徳
 第2話「鳥認識AF×150-400mm 驚異の高性能!飛翔も!?」



■以下の記事も、是非、ご覧下さい(^-^)。

OLYMPUS LIVE 2021「野鳥ウィーク」菅原貴徳先生おすすめ機材

4

■明日
4月3日(土)は「フォーサーズの日」。本日、以下のライブ配信が行われています(^-^)。

◆18:00~「OLYMPUS LIVE」
 フォーサーズの日記念 『マイクロフォーサーズの魅力と未来』



◆21:00~「写真家夫婦上田家」
 「明日はフォーサーズの日、
  マイクロフォーサーズを持って出かけよう」



■本日、
マイクロフォーサーズ公式サイトがリニューアルオープンしました(^-^)。

7

デジカメWatch に以下の記事が掲載されています(^-^)。

マイクロフォーサーズの公式Webサイトがリニューアル。
 スマホ対応、検索機能の追加など


8

福田健太郎さんのYouTubeチャンネル「福田 健太郎 Kentaro Fukuda」に以下の動画が公開されています(^-^)。

風景写真ロケーション#008​/埼玉県 幸手権現堂桜堤


■幸手権現堂桜堤はフィルム時代はよく撮影に行った場所です。懐かしく拝見しました(^-^)。


2021.4.1.(木)
■写真1は、3月28日(日)に近所(徒歩圏内)で、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIIM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO で撮影したキクモモ。形がユニークで、鮮やかなピンクが印象的な花です(^-^)。

1

写真1:キクモモ
   OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
   M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
   ※画角300mm相当で撮影(35mm判換算)
   多分割測光 絞り優先オート F2.8(+0.3補正、1/800秒)
   ISO200 ホワイトバランス:5300K
   仕上がり:i-FINISH
   手持ち撮影

デジカメWatch に以下の記事が掲載されています(^-^)。

山岸伸の写真のキモチ
 第7回:CP+コンテンツ
 「山岸伸OM-Dの写真のキモチ」制作ノート
 いま撮影の手の内を明かしたワケ


2

オリンパスプラザ東京 クリエイティブウォール/クリエイティブビジョンでは、「Nature Colors」林 幸恵×吉住志穂 春の望遠・マクロ編が始まりました。本日、以下の動画が公開されました(^-^)。

オリンパスプラザクリエイティブウォール写真展
 「Nature Colors」林 幸恵 作品解説動画



オリンパスプラザクリエイティブウォール写真展
 「Nature Colors」吉住志穂 作品解説動画



■本日、
オリンパスプラザ東京には、この方々が来場されたそうです。写真5は、左から、萩原史郎さん、丹治敏明さん、萩原麻衣さん。※撮影:高橋 渉さん

5

■オンラインイベント
「OLYMPUS LIVE 2021」では、以下の動画が公開中です(^-^)。

OM-Dで紡ぐ萩原史郎の風景写真
 第1話「OM-Dを使う理由は何か?」



OM-Dで紡ぐ萩原史郎の風景写真
 第2話「多彩なレンズ群が強い味方」



OM-Dで紡ぐ萩原史郎の風景写真
 第3話「OM-Dで紡ぐ私の風景写真」



■オンラインイベント
「OLYMPUS LIVE 2021」は、今日から「野鳥ウィーク」。以下の記事が公開されました(^-^)。

OLYMPUS LIVE 2021「野鳥ウィーク」菅原貴徳先生おすすめ機材

9

広田 泉さんのYouTubeチャンネル「広田泉 イズミノ撮リセツ」に以下の動画が公開されています(^-^)。

【写真展のお知らせ】ゴールデンウィーク岩手県の雫石で写真展開催します!


CAPA CAMERA WEB に以下の記事が掲載されています(^-^)。

これが“竹内流”の極意だ!
 風景写真の大御所が解説する30年前の貴重な映像を蔵出し


11

CAPA VOOKS「風景を撮る」竹内敏信



3月の日記


【写真展/イベント紹介コーナー】

■現在開催中、および、近日中に開催される写真展/イベントです。ご案内をいただいたものだけ紹介しています。基本的に終了日の順に並べています。

■関東

 ◆第一回nodoor写真展
   ※主宰:石田研二氏

  

  【期 間】前期 2021年3月23日(火)~ 3月28日(日)
       後期 2021年3月30日(火)~ 4月 4日(日)
       ※月曜休廊
        12:00~20:00 ※土日は17:00まで
  【場 所】iia gallery(アイアイエーギャラリー)
        東京都中央区日本橋小伝馬町17−5
        TEL 03-6661-7170

 ◆上原ゼンジ 写真展「まあるい宇宙」

  

  【期 間】2021年3月31日(水)~ 4月4日(日)
        13:00~19:00
  【場 所】ギャラリーヨクト
        東京都 新宿区四谷四丁目10 ユニヴェールビル102
        TEL 03-6380-1666

 ◆嶋田篤人 写真展「そこ一里」

  

  【期 間】2021年3月18日(木)~ 4月5日(月)※火・水定休
       10:30~18:30 ※最終日は16:00まで
  【場 所】リコーイメージングスクエア東京 ギャラリーA
        東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)
        TEL 03-3348-2941

 ◆写真展「贅沢な床11」

  

  【期 間】2021年4月1日(木)~ 4月7日(水)※日曜休館
        10:00~18:00 ※最終日は15:00まで
  【場 所】アイデムフォトギャラリー「シリウス」
        東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
        TEL 03-3350-1211

 ◆鶴巻育子 写真展「夢」

  

  【期 間】2021年3月23日(火)~ 4月11日(日)※月曜休廊
        12:00~19:00 ※日曜は17:00まで
  【場 所】Jam Photo Gallery
        東京都目黒区目黒2-8-7 鈴木ビル2階B号室
        TEL 050-5438-2134

 ◆Nikon Plaza CP+2021 特別イベント
  「表現者の世界と繋がる二週間」


  

  【期 間】2021年3月30日(火)~ 4月12日(月)※日曜休館
        10:30 ~ 18:30 ※最終日は15:00まで
  【場 所】ニコンプラザ東京 THE GALLERY
        東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28F
        TEL 03-3344-0565

 ◆佐々木貴範 写真展「希望-3.11釜石」

  

  【期 間】2021年4月1日(木)~ 4月12日(月)※火曜・水曜休館
        10:00~18:00 ※最終日15:00まで
  【場 所】オリンパスギャラリー東京
        東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビルB1F
        TEL 03-5909-0191

 ◆「Nature Colors」
  林幸恵×吉住志穂 春の望遠・マクロ編


  

  【期 間】2021年4月1日(木)~ 4月12日(月)※火曜・水曜休館
        10:00~18:00 ※最終日15:00まで
  【場 所】オリンパスプラザ東京 クリエイティブウォール
        東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビルB1F
        TEL 03-5909-0191

 ◆大西みつぐ 写真展「路上の温度計 1997-2004」

  

  【期 間】2021年3月5日(金)~ 4月17日(土)※日・月・祝祭日 休廊
        12:00~19:00
  【場 所】ZEN FOTO GALLERY
        東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル208号室
        TEL 03-6804-1708

 ◆黒柳昌樹 写真展「刹那の情景」

  

  【期 間】2021年4月8日(木)~ 4月21日(水)※日曜休館
        13:00~19:00
  【場 所】UP40GALLERY & SANISTA
        東京都板橋区大山金井町38-9
        TEL 03-3554-8753

 ◆大西みつぐ 写真展「地形録東京・崖」

  

  【期 間】2021年4月1日(木)~ 4月25日(日)
        火~金曜日 12:00~19:00
        土~日曜日 12:00~18:00
        ※日曜・月曜・祝日休業
  【場 所】コミュニケーションギャラリー ふげん社
        東京都目黒区下目黒5-3-12
        TEL 03-6264-3665

 ◆米屋こうじ 写真展「夜汽車の刻」

  

  【期 間】2021年4月15日(木)~ 4月25日(日)
        火~金曜日 12:00~19:00
        土~日曜日 12:00~18:00
        ※日曜・月曜・祝日休業
  【場 所】コミュニケーションギャラリー ふげん社
       2階 Papyrusギャラリー
        東京都目黒区下目黒5-3-12
        TEL 03-6264-3665

 ◆安田菜津紀 写真展「照らす 生きた証を遺すこと」

  

  【期 間】2021年4月15日(木)~ 4月26日(月)※火曜・水曜休館
        10:00~18:00 ※最終日15:00まで
  【場 所】オリンパスギャラリー東京
        東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビルB1F
        TEL 03-5909-0191

 ◆「プロ写真家によるOM-D E-M1X作品展」Part 3
  <出展者> ※五十音順/敬称略
   飯沼仁浩/市野哲也/上田進一/岡崎裕武/小川峻毅/刑部準也/兼本延男/
   佐藤健治/新開 孝/中条 望/廣澤順也/正木万博/三宅 岳/山田智一/吉岡一紀

  

  【期 間】2021年4月15日(木)~ 4月26日(月)※火曜・水曜休館
        10:00~18:00 ※最終日15:00まで
  【場 所】オリンパスプラザ東京 クリエイティブウォール
        東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビルB1F
        TEL 03-5909-0191

 ◆村上仁一 写真展「地下鉄日記」

  

  【期 間】2021年4月20日(火)~ 4月25日(日)※月曜休
        13:00~20:00
  【場 所】森岡書店 銀座店
        東京都中央区銀座1−28−15 鈴木ビル1階
        TEL 03-3535-5020

  【期 間】2021年4月20日(火)~ 4月26日(月)
        13:00~20:00
  【場 所】NAKANO GINZA GALLERY
        東京都中央区銀座1-21-4
        TEL 03-3567-1961

 ◆竹内敏信記念財団設立記念 特別企画写真展
  竹内敏信 写真展「天地聲聞」春夏編


  

  【期 間】2021年4月1日(木)~ 4月28日(水)※土・日・祝日定休
        11:00~19:00
  【場 所】竹内敏信記念館 TAギャラリー
        東京都新宿区下落合3-20-4-3F
        TEL 03-3953-0431

   ※観覧は予約制としているため事前にお問い合わせから日時をご連絡お願いいたします。

 ◆野口智弘 写真展
  「Slow Waltz」- 終わらない序章の始まり -


  

  【期 間】2021年4月14日(水)~ 5月1日(土)※休廊: 日・月・火
        15:00~21:00(水・木・金・土)
        ※※4月23日及び最終日5月1日は18:00閉館
  【場 所】Kiyoyuki Kuwabara Accounting Gallery(KKAG)
        東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル405
        桑原清幸会計事務所内
        TEL 03-3862-1780

 ◆竹内英介 写真展「STRANGE」

  

  【期 間】2021年4月14日(水)~ 5月9日(日)※月・火曜休館
        12:00 ~ 18:00
  【場 所】ギャラリーE&M西麻布
        東京都港区西麻布4-17-10
        TEL 03-3407-5075

 ◆THE GALLERY セレクション展
  渡辺幹夫 写真展
  「フクシマ無窮 -時は止まりて、流れる-」


  

  【期 間】2021年6月8日(火)~ 6月21日(月)※日曜休館
        10:30 ~ 18:30 ※最終日は15:00まで
  【場 所】ニコンプラザ東京 THE GALLERY
        東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28F
        TEL 03-3344-0565


■関西

 ◆稲田喬晃 写真展「草原ノ民 -Portrait in Kazakh-」

  

  【期 間】2021年3月25日(木)~ 4月7日(水)※日曜・祝日休館
        10:00~18:00 ※最終日は15:00まで
  【場 所】キヤノンギャラリー大阪
        大阪市北区中之島3-2-4
        中之島フェスティバルタワー・ウエスト1F
        TEL 06-7739-2125

 ◆Nikon Plaza CP+2021 特別イベント
  「表現者の世界と繋がる二週間」


  

  【期 間】2021年4月1日(木)~ 4月14日(水)※日曜休館
        10:30~18:30 ※最終日は15:00まで
  【場 所】ニコンプラザ大阪 THE GALLERY
        大阪市中央区博労町3-5-1
        御堂筋グランタワー 17階
        TEL 06-6348-9698

 ◆THE GALLERY セレクション展
  渡辺幹夫 写真展
  「フクシマ無窮 -時は止まりて、流れる-」


  

  【期 間】2021年4月15日(木)~ 4月28日(水)※日曜休館
        10:30~18:30 ※最終日は15:00まで
  【場 所】ニコンプラザ大阪 THE GALLERY
        大阪市中央区博労町3-5-1
        御堂筋グランタワー 17階
        TEL 06-6348-9698

 ◆三田崇博 写真展「Pray for Myanmar」

  

  【期 間】2021年4月20日(火)~ 5月2日(日)
        11:00~18:00 ※最終日は17:00まで
  【場 所】京都写真美術館 ギャラリージャパネスク 2階
        京都府京都市東山区堀池町374-2
        TEL 080-5988-7720

 ◆THE NEXT CHAPTER -Zは、新境地へ。-
  写真家が写し出す Z7II Z6II 写真展


  

  【期 間】2021年4月29日(木)~ 5月12日(水)※日曜休館
        10:30~18:30 ※最終日は15:00まで
  【場 所】ニコンプラザ大阪 THE GALLERY
        大阪市中央区博労町3-5-1
        御堂筋グランタワー 17階
        TEL 06-6348-9698


■その他の地域

 ◆小玉亘宏 写真展
  「The Lights of Life-ホタルが教えてくれること-」


  

  【期 間】2021年4月20日(火)~ 4月25日(日)
        10:00~18:00 ※最終日は16:00まで
  【場 所】ノリタケの森ギャラリー 第二展示室
        愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36
        TEL 052-562-9811




3月の日記